君子の三楽(読み)クンシノサンラク

大辞林 第三版の解説

くんしのさんらく【君子の三楽】

〔孟子 尽心上
君子の三つの楽しみ。父母兄弟が無事なこと、天にも地にも人にも恥じるところのないこと、天下の英才を教育すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くんし【君子】 の 三楽(さんらく)

(「孟子‐尽心上」の「孟子曰、君子有三楽。而王天下与存焉。父母倶存、兄弟無故、一楽也。仰不於天、俯不於人、二楽也。得天下英才而教育之、三楽也」による) 君子がもっている三つの大きな楽しみ。父母が健在で兄弟も無事であること、天や人に対して恥じるようなうしろ暗さがないこと、天下の英才を教育することの三つをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android