コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含アルミニウム泉 ガンアルミニウムセン

デジタル大辞泉の解説

がんアルミニウム‐せん【含アルミニウム泉】

泉質の一。温泉水1キログラム中に100ミリグラム以上のアルミニウムイオンを含むことなどが条件。皮膚病効能があるとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

含アルミニウム泉
がんあるみにうむせん

温泉の泉質の一種で、おもにアルミニウムを含む。旧泉名は明礬(みょうばん)泉。温泉水1キログラム中にアルミニウムを100ミリグラム以上含むと療養泉となる。アルミニウムを含む温泉には多くの場合酸性で鉄を含み陰イオンとして塩化物イオンCl-や硫酸イオンSO42-がある。鉄を含むと明礬緑礬泉となる。新名称は、アルミニウム・鉄()硫酸塩泉、または含鉄()アルミニウム硫酸塩泉となる。群馬県草津温泉、秋田県玉川温泉などがこれに相当する。皮膚病に効果がある。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

含アルミニウム泉の関連キーワード霧島温泉郷別府温泉郷姥子温泉温泉療法稲住温泉別府温泉蔵王温泉草津

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android