コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含アルミニウム泉 ガンアルミニウムセン

2件 の用語解説(含アルミニウム泉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がんアルミニウム‐せん【含アルミニウム泉】

泉質の一。温泉水1キログラム中に100ミリグラム以上のアルミニウムイオンを含むことなどが条件。皮膚病に効能があるとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

含アルミニウム泉
がんあるみにうむせん

温泉の泉質の一種で、おもにアルミニウムを含む。旧泉名は明礬(みょうばん)泉。温泉水1キログラム中にアルミニウムを100ミリグラム以上含むと療養泉となる。アルミニウムを含む温泉には多くの場合酸性で鉄を含み陰イオンとして塩化物イオンCl-や硫酸イオンSO42-がある。鉄を含むと明礬緑礬泉となる。新名称は、アルミニウム・鉄()硫酸塩泉、または含鉄()アルミニウム硫酸塩泉となる。群馬県草津温泉、秋田県玉川温泉などがこれに相当する。皮膚病に効果がある。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

含アルミニウム泉の関連キーワードキログラム重単純温泉エアログラム含鉄泉瓩米国際キログラム原器重力キログラムミクログラムマイクログラム

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone