コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫酸塩泉 りゅうさんえんせんsulfate spring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫酸塩泉
りゅうさんえんせん
sulfate spring

陰イオンとして硫酸イオン陽イオンとしてナトリウムイオン,カルシウムイオン,マグネシウムイオンを主成分とする鉱泉。それらの種類により芒硝泉石膏泉,正苦味泉などと呼ばれる。飯坂 (福島県) は芒硝泉,熱海 (静岡県) は石膏泉で,正苦味泉は日本にほとんどみられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうさんえん‐せん〔リウサンエン‐〕【硫酸塩泉】

泉質の一。硫酸イオンを主成分とする温泉。共存するイオンの種類によりナトリウム硫酸塩泉・カルシウム硫酸塩泉などに分けられる。動脈硬化に効くとされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫酸塩泉
りゅうさんえんせん

温鉱泉1キログラム中に溶存固形物1グラム以上で、その陰イオンの主成分が硫酸イオンの温泉。共存する陽イオンがNa+(+1価のナトリウムイオン)ならナトリウム硫酸塩泉(芒硝(ぼうしょう)泉)、Ca2+(+2価のカルシウムイオン)ならカルシウム硫酸塩泉(石膏(せっこう)泉)、Mg2+(+2価のマグネシウムイオン)ならマグネシウム硫酸塩泉(正苦味(しょうくみ)泉)という。酸性の硫酸塩泉は、鉄、アルミニウムを含みアルミニウム硫酸塩泉(明礬(みょうばん)泉)や鉄()硫酸塩泉(緑礬泉)となる。日本の火山地域にはマグネシウムMg2+が主成分のものはほとんどない。硫酸塩泉は、ナトリウム硫酸塩泉、カルシウム硫酸塩泉が多くこれらは日本の温泉のそれぞれ3%程度を占める。塩化物を含む場合は、名称の最後に「塩化物」をつけ、「カルシウム・ナトリウム硫酸塩・塩化物泉」などとなる。ナトリウム硫酸塩泉は島根県の玉造(たまつくり)温泉、カルシウム硫酸塩泉は群馬県の水上(みなかみ)温泉などが知られる。[綿抜邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

硫酸塩泉の関連キーワード伊香保[町]猿ヶ京温泉堂ヶ島温泉伊香保温泉湯ヶ島温泉塩原温泉郷伊豆山温泉下諏訪温泉地獄谷温泉四万温泉岩井温泉飯坂温泉濁河温泉大牧温泉雲仙温泉青根温泉袋田温泉黒川温泉夏油温泉東郷温泉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

硫酸塩泉の関連情報