含銅ケツ岩(含銅頁岩)(読み)がんどうけつがん(英語表記)Copper shale

世界大百科事典 第2版の解説

がんどうけつがん【含銅ケツ岩(含銅頁岩) Copper shale】

ドイツ,ポーランドオランダイギリスなどの中部ヨーロッパに分布する,二畳紀の重金属に富むケツ岩。をはじめ鉛,亜鉛,銀などの多くの金属が濃集しているが,主として銅を対象に採掘されている。厚さは平均30~50cm。分布面積は60万km2にも達するが,0.3%以上の銅を含有しているのはその1%,鉱石として採掘しうる含有量(銅2~3%ないしそれ以上)をもっているのは0.2%にすぎない。鉱床地域は主としてドイツとポーランドにあり,ハルツ山地南東縁のマンスフェルト地域やポーランドのズデーテン山地は,古くから両国の主要な鉱産地である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android