コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

含銅ケツ岩(含銅頁岩) がんどうけつがん Copper shale

1件 の用語解説(含銅ケツ岩(含銅頁岩)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がんどうけつがん【含銅ケツ岩(含銅頁岩) Copper shale】

ドイツ,ポーランドオランダイギリスなどの中部ヨーロッパに分布する,二畳紀の重金属に富むケツ岩。銅をはじめ鉛,亜鉛,銀などの多くの金属が濃集しているが,主として銅を対象に採掘されている。厚さは平均30~50cm。分布面積は60万km2にも達するが,0.3%以上の銅を含有しているのはその1%,鉱石として採掘しうる含有量(銅2~3%ないしそれ以上)をもっているのは0.2%にすぎない。鉱床地域は主としてドイツとポーランドにあり,ハルツ山地南東縁のマンスフェルト地域やポーランドのズデーテン山地は,古くから両国の主要な鉱産地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

含銅ケツ岩(含銅頁岩)の関連キーワードイギリス東インド会社オランダ語ポメラニアポーランド回廊ポーランド分割イギリスオランダ戦争オラニエナッサウ家オランダ渡りダッチザジツキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone