コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸収冷凍機 きゅうしゅうれいとうきabsorption refrigerating machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸収冷凍機
きゅうしゅうれいとうき
absorption refrigerating machine

可動部分が小型のポンプだけという冷凍機で,溶液による,低圧低温における冷媒の吸収と高温高圧における冷媒の放出を行う過程によって熱の移動を行う吸収冷凍サイクルを用いる。溶液を加熱する場合は低沸点のものが先に蒸発し,高沸点のものの濃度が上がる。吸収冷凍機では,この低沸点のものが冷媒となり,高沸点のものが吸収剤となる。冷媒と吸収剤の組合せはいくつかあるが,水 (冷媒) と臭化リチウム (吸収剤) の場合が,冷房用などによく用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

吸収冷凍機

 二つの密閉容器に濃度の異なる溶液を入れ,濃い方の溶媒が蒸発して熱を吸収する性質を利用した冷凍機.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内の吸収冷凍機の言及

【冷凍機】より

…天然氷を保存して用いた記録は古くからあるが,機械式冷凍法が登場するのは熱力学の第2法則が確立される19世紀中ごろのことである。1834年J.パーキンスはエチルエーテルを用いる蒸気圧縮式冷凍機を発明したが,74年C.リンデはアンモニアを用いることによって効率のよい冷凍機を実現し,また1859年にはアンモニア吸収冷凍機がF.カレによって開発されている。現在冷凍機の利用は製氷,食品冷凍,冷房の分野にとどまらず,気体の液化,温湿度の調節,医学における低温利用など広い分野で利用されている。…

※「吸収冷凍機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吸収冷凍機の関連キーワード太陽熱利用設備空気調和冷凍機械冷蔵庫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android