吸茶(読み)スイチャ

大辞林 第三版の解説

すいちゃ【吸茶】

一碗の茶を数人で飲み回しにすること。多く濃茶こいちやにいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐ちゃ すひ‥【吸茶】

〘名〙 一つの大ぶりの茶碗にたてた茶を数人で順次に飲むこと。
※宗湛日記‐天正一五年(1587)一〇月二一日「大阪御城にて〈略〉御手前にて御茶あり、その後休夢こひ出し、すい茶あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android