御茶(読み)オチャ

大辞林 第三版の解説

おちゃ【御茶】

茶を丁寧にいう語。 「 -をいれる」 「 -をたてる」
茶道。 「 -を習う」
仕事の途中でする小休止。茶菓などの飲食をする。 「三時の-にしよう」
紅茶・コーヒーなどの飲み物。また、それを飲むこと。 「 -に誘う」
[句項目] 御茶を濁す 御茶を挽く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ちゃ【御茶】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 「ちゃ(茶)②」を丁寧にいう語。
※御湯殿上日記‐文明九年(1477)正月二〇日「御ちや百ふくろもちてまいる」
② 茶の湯。
※御湯殿上日記‐文明一八年(1486)二月二三日「御さひしきとて御むろなしまいらせらるる。御ちゃ、御かきあり」
③ 仕事の途中でする小休憩。この時、茶や菓子などを飲食することによる。「お茶にする」
※ホルモン綺談(1936)〈獅子文六〉「今しも大サロンで長講一席を済ませ、別室でお茶(チャ)になって」
④ 遊里で男女の交合や女陰をいう。また、男色についてもいう。おちゃつぼ。
※評判記・嶋原集(1655)松之部「但し口もと并に様子わろし。お茶のあたり不掃地なり」
⑤ その場をつくろうこと。→お茶を濁す
※浄瑠璃・金平太平記(演劇博物館蔵本)(1711‐25頃)一「ひっきゃう鬼神のおとたへて、鬼ざんまいのおちゃゆへに、からだがなやみ候ぞや」
⑥ ばかにしてからかうこと。ちゃかすこと。
※洒落本・婦美車紫(1774)夜中の口舌「しっかい身共をは今お江戸ではやるおちゃとやらにしおる」
※評判記・難波鉦(1680)一「つねのもん日でもおちゃでいますれば、うきもつらきもとどめる事でござんす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御茶の関連情報