吹(き)玉(読み)フキダマ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふき‐だま【吹玉】

〘名〙
① ガラスを吹いて作った玉。ガラス玉
※言継卿記‐永祿九年(1566)八月一二日「肥後国緒方神左衛門来、対面、柱飾幢吹玉送之」
② シャボン玉。
※俳諧・誹諧発句帳(1633)秋「風口のふき玉なれや草の露〈照星〉」
③ 打上花火(うちあげはなび)の一種。
※風俗画報‐二一四号(1900)人事門「流星或は流し火、吹き玉等の小煙火を弄する者」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吹(き)玉の言及

【ガラス玉】より

…734年(天平6)の《造仏所作物帳》に見る〈琉璃雑色玉〉は,その早い使用例である。奈良時代にはガラス玉をあらわす名称として,〈吹玉(ふきだま)〉という語もあって,《北倉代中間下帳》の766年(天平神護2)の条に,緑吹玉や青吹玉の名を見ることができる。当時,青色の玉があったとすれば,ガラス玉以外のものではありえない。…

※「吹(き)玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android