コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻兼治郎 あづま けんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾妻兼治郎 あづま-けんじろう

1926- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
大正15年3月12日生まれ。昭和31年イタリアに留学,ブレラ美術学校でマリーニ師事。39年高村光太郎賞。50年毎日芸術賞。ヨーロッパの彫刻展でたびたび受賞。ミラノに在住し,抽象作家として国際的にもたかい評価をうける。平成11年中原悌二郎賞。山形県出身。東京芸大卒。作品に「MU(無)」「YU(有)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吾妻兼治郎
あづまけんじろう
(1926― )

彫刻家。山形市の鋳物職人の家に生まれる。1953年(昭和28)東京芸術大学彫刻科在学中、新制作展に初入選、翌1954年卒業後専攻科に進み、同展で新作家賞。1956年イタリア政府給費留学生として渡欧、国立ブレラ美術学校マリノ・マリーニ教室に入学し、1960年の卒業後マリーニの助手となる。1961年以来イタリア、ドイツ、オランダ、日本で個展を開き、国際展で受賞を重ねた。高村光太郎賞、毎日芸術賞を受賞。ミラノに在住、有機的な孔(あな)をうがった抽象彫刻『MU』(無)の連作を続ける。[三木多聞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吾妻兼治郎の関連キーワード三木多聞彫刻家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android