周忌(読み)シュウキ

大辞林 第三版の解説

しゅうき【周忌】

人の死後、年ごとにめぐってくる忌日。回忌。年忌。 「一-」 「三-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐き シウ‥【周忌】

〘名〙
① 人の死後、満年目の日。一周忌。
※続日本紀‐天平宝字元年(757)五月己酉「太上天皇周忌也」
② 人の死後、毎年めぐってくる忌日。また、その回数を数えるのに用いる語。回忌。
※廬山寺文書‐天祿年(972)五月三日・天台座主良源遺告「一周忌八講必可論義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android