コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回忌 カイキ

大辞林 第三版の解説

かいき【回忌】

〔「年回忌」の略〕
人の死後、毎年まわってくる祥月しようつき(当月当日)の命日。また、その回数をいう語。満一年目を一周忌または一回忌、満二年目を三回忌、以下、七・十三・十七・二十三・二十七・三十三・五十・百の各回忌に法事が行われる。年忌。周忌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回忌
かいき

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の回忌の言及

【年忌】より

…毎年まわってくる死者の祥月(しようつき)命日のこと。回忌ともいう。この日に死者供養の仏事が行われる。…

※「回忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

回忌の関連キーワード藪内紹智(7代)尭延入道親王梢付き塔婆浄瑠璃供養弔い上げ年忌法要慰霊供養内田沾山黒柳維駒村瀬湖十笙野頼子天野桃隣菅原重厚煕春竜喜十三回忌十七回忌碌々斎柳塔婆大祥忌十三仏

回忌の関連情報