コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周時経 しゅうじけいChu Si‐gyŏng

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうじけい【周時経 Chu Si‐gyŏng】

1876‐1914
朝鮮の言語学者。黄海道鳳山の出身。朝鮮語の近代的研究は,李鳳雲,兪吉濬(ゆきつしゆん)のあとをうけて周時経によって本格的に開始された。1896年《独立新聞》の校正係をしながら〈朝鮮文同式会〉を作り朝鮮語表記の統一と研究に着手し,その後も各種の学校の教員や政府の国文研究所委員をしながら,民族固有のことばを整理・普及・発展させる民族的国文運動を展開し,そのための科学的言語研究に尽力した。主著に《国語文典音学》(1908),《国語文法》(1910)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

周時経の関連キーワード朝鮮語学会事件金とう奉ハングル金枓奉

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android