コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周期蝉 シュウキゼミ

1件 の用語解説(周期蝉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうき‐ぜみ〔シウキ‐〕【周期×蝉】

セミ科マギキカダ属の昆虫の総称。体は黒色、翅脈(しみゃく)はオレンジ色。米国中部から東部にかけて生息。発生後、幼虫は13年または17年を地中で過ごし、一斉に羽化する。発生の周期から「十三年ゼミ」「十七年ゼミ」、また13と17が素数であることから「素数ゼミ」ともよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周期蝉の関連キーワード早苗蜻蛉似我蜂縞蚊虎蛾花蚤鼈甲蜂水虻塵芥虫角蝉長椿象