コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周期蝉 シュウキゼミ

デジタル大辞泉の解説

しゅうき‐ぜみ〔シウキ‐〕【周期×蝉】

セミ科マギキカダ属の昆虫の総称。体は黒色、翅脈(しみゃく)はオレンジ色。米国中部から東部にかけて生息。発生後、幼虫は13年または17年を地中で過ごし、一斉に羽化する。発生の周期から「十三年ゼミ」「十七年ゼミ」、また13と17が素数であることから「素数ゼミ」ともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

周期蝉の関連キーワード素数蝉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android