味到(読み)ミトウ

デジタル大辞泉の解説

み‐とう〔‐タウ〕【味到】

[名](スル)内容を十分に味わい知ること。
「お師匠様の三味線の妙音を、失明の後に始めて―した」〈谷崎春琴抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

み‐とう ‥タウ【味到】

〘名〙 内容を十分に味わい知るに至ること。内容を味わい尽くすこと。十分に味わい知ること。味得。
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉一五「この感激を知らないものに、どうして戯作三昧の心境が味到されよう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android