コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯作三昧 ゲサクザンマイ

大辞林 第三版の解説

げさくざんまい【戯作三昧】

小説。芥川竜之介作。1917年(大正6)「大阪毎日新聞」に連載。滝沢馬琴晩年の到達点を、人生の雑事に煩わされない、芸術創造に徹した姿として描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

戯作三昧の関連キーワード芥川 龍之介大阪毎日新聞芥川龍之介手間取り手も無く曲亭馬琴泣尽す丸める磅礴婆娑水船糅然比倫乱鴉味到屑屑後生尊む雑事

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android