戯作三昧(読み)ゲサクザンマイ

大辞林 第三版の解説

げさくざんまい【戯作三昧】

小説。芥川竜之介作。1917年(大正6)「大阪毎日新聞」に連載。滝沢馬琴晩年の到達点を、人生の雑事に煩わされない、芸術創造に徹した姿として描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げさく‐ざんまい【戯作三昧】

[1] 戯作するのに夢中になること。小説などを書くのに一心不乱になること。
※戯作三昧(1917)〈芥川龍之介〉一五「この感激を知らないものに、どうして戯作三昧の心境が味到されよう」
[2] 小説。芥川龍之介作。大正六年(一九一七)発表。「馬琴日記抄」に取材。戯作三昧にふける馬琴に自己を写した、芥川の芸術至上主義の境地を示す歴史小説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戯作三昧の関連情報