呼子の大綱引き

デジタル大辞泉プラスの解説

呼子の大綱引き

佐賀県唐津市の呼子町に伝わる民俗行事。毎年6月に行われる。集落がサキカタ(浜組)とウラカタ(岡組)に分かれて大綱を引きあい、漁業と農業の豊凶を占う行事で、サキカタが勝てば豊漁、ウラカタが勝てば豊作になるとされる。五月節供綱引きとしては、九州地方に現存する唯一のもの。2013年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android