命の洗濯(読み)イノチノセンタク

  • いのち
  • の 洗濯(せんたく)

大辞林 第三版の解説

普段の苦労から解放されて、のんびり保養をすること。いのちの土用干し。 温泉につかって-をする

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(「せんたく」は、「せんだく」とも) 平生の苦労から解放されて、命がのびるほど思うぞんぶんに楽しむこと。寿命がのびるほどの保養。命の土用干し。
※評判記・たきつけ草(1677)「なにがいのちのせんだくなれば、ゆくまじきところにはあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命の洗濯の関連情報