コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

束縛 ソクバク

デジタル大辞泉の解説

そく‐ばく【束縛】

[名](スル)
まとめてしばること。しばり捕らえること。
「一たび癖習を成せば、鉄鎖を以て―するよりも強し」〈中村訳・西国立志編
制限を加えて行動の自由を奪うこと。「自由を束縛する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

束縛

米国の作家ロバート・B・パーカーのミステリー(2002)。原題《Shrink Rap》。「女性探偵サニー・ランドル」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

そくばく【束縛】

( 名 ) スル
しばること。捕らえること。
行動に制限を加えて自由を奪うこと。 「時間に-される」 「紅塵こうじん深き処に-せられたる身の/日光山の奥 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

束縛の関連キーワードドルーデ‐フォークトの分散式ガウスの最小束縛の原理べーニング効果(電気)ワイゼッカーの質量公式雲無心にして岫を出ずエマンシペーションレストレイント最小曲率の原理子は三界の首枷最小束縛の原理ヘッドレスト手が付かないフリーハンドキャプティブ七里けっぱい羽を伸ばすボンデージ独立不羈義理の柵自由電子

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

束縛の関連情報