束縛(読み)そくばく

精選版 日本国語大辞典「束縛」の解説

そく‐ばく【束縛】

〘名〙
① 一つにまとめてること。縛りとらえること。〔文明本節用集(室町中)〕
※両足院本山谷抄(1500頃)四「とってかえいて我胸中の賊を束縛せば、自然に我心が明白になりて」 〔戦国策‐斉策〕
② 思想・感情・行動に制限を加えて自由をうばうこと。
※童子問(1707)下「苟以区区死定束縛羈絏此心事焉。則是悉廃心之用也」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「楼主の娼妓を御する牛馬の如く人の一生を束縛して」 〔史記‐礼書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「束縛」の解説

そく‐ばく【束縛】

[名](スル)
まとめてしばること。しばり捕らえること。
「一たび癖習を成せば、鉄鎖を以て―するよりも強し」〈中村訳・西国立志編
制限を加えて行動の自由を奪うこと。「自由を束縛する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android