束縛(読み)ソクバク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
まとめてしばること。しばり捕らえること。
「一たび癖習を成せば、鉄鎖を以て―するよりも強し」〈中村訳・西国立志編
制限を加えて行動の自由を奪うこと。「自由を束縛する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
しばること。捕らえること。
行動に制限を加えて自由を奪うこと。 時間に-される 紅塵こうじん深き処に-せられたる身の/日光山の奥 花袋

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一つにまとめて縛ること。縛りとらえること。〔文明本節用集(室町中)〕
※両足院本山谷抄(1500頃)四「とってかえいて我胸中の賊を束縛せば、自然に我心が明白になりて」 〔戦国策‐斉策〕
② 思想・感情・行動に制限を加えて自由をうばうこと。
※童子問(1707)下「苟以区区死定束縛羈絏此心事焉。則是悉廃心之用也」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「楼主の娼妓を御する牛馬の如く人の一生を束縛して」 〔史記‐礼書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

束縛の関連情報