平生(読み)ヘイゼイ

デジタル大辞泉の解説

へい‐ぜい【平生】

ふだん。いつも。つね日ごろ。副詞的にも用いる。「平生とは態度が異なる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいぜい【平生】

ふだん。つねひごろ。平素。平常。副詞的にも用いる。 「 -の心がけが大切だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

へい‐ぜい【平生】

〘名〙 ごく普通の状態、状況の中で生活している時。ふだん。つね。平素平時
※万葉(8C後)五・八六四右詞文「至旅辺城古旧而傷志 年矢不停 憶平生而落上レ涙」
古今著聞集(1254)一三「登宣、平生にたつる所の義いかにと尋ければ」 〔論語‐憲問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

平生の関連情報