コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命蓮 みょうれん

1件 の用語解説(命蓮の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

命蓮 みょうれん

?-? 平安時代中期の僧。
大和(奈良県)信貴山(しぎさん)にこもり,毘沙門(びしゃもん)天をまつって修行。延長8年(930)宮中で醍醐(だいご)天皇の病気平癒を加持した。飛倉などの奇跡譚をえがいた「信貴山縁起絵巻」で有名。明蓮,明練ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の命蓮の言及

【信貴山】より

…あるいは志貴山とも記した。《信貴山寺資財宝物帳》によれば,寛平年間(889‐898)命蓮(みようれん)という僧が毘沙門天を安置した小堂に若少のころより籠山したことがみえ,しだいに寺を整備・拡張していったことが知られる。《古本説話集》《宇治拾遺物語》には信濃国出身の命蓮が信貴山に籠山して飛鉢の法を修し,剣の護法を使わして時の帝の病気を治すなどの霊験譚をのせ,《信貴山縁起絵巻》(国宝)はこの説話を絵巻としたものである。…

※「命蓮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

命蓮の関連キーワード円快法縁延幸延祚観真慈恒慈宝昌海泰善(2)朝晴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

命蓮の関連情報