コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙門 しゃもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沙門
しゃもん

サンスクリット語 śramaṇaあるいは samaṇaの音写。「つとめる人」の意。ゴータマ・ブッダとほぼ同時代に出現したインドの新たな思想家たちをいう。本来は仏教に限らず用いられたが,仏教でも出家して修行を実践する人々を沙門と称する。なおこのサンスクリット語モンゴル人に受入れられて,呪術者と同一の語となったという説がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さもん【沙門】

しゃもん(沙門)

しゃもん【沙門】

《〈梵〉śramaṇaの音写。勤息と訳す》僧となって仏法を修める人。桑門(そうもん)。さもん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

沙門【しゃもん】

サンスクリットのシュラマナの音写。勤息(ごんそく),貧道などと訳す。仏教で出家者の総称。剃髪(ていはつ)し,悪を止め善を修して,悟りを求める修行者。古くインドでは仏教以外でも用いられたが,仏教では後に比丘(びく)と同義に用いる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃもん【沙門】

僧侶のこと。サンスクリットのシュラマナśramaṇaの音訳で,古代インドにおいて家庭を捨てて出家し,衣を着て旅をしながら修行する行者をさした。日本では《日本霊異記》に薬師寺沙門景戒(けいかい)とか,元興(がんごう)寺沙門慈応とかその用例がみえ,また上表文などに前入唐沙門最澄とか,沙門円珍と自署する例もある。これらのことから,僧侶がその所属寺院や社会的身分を記す場合に,〈僧〉と同義語として使用されたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さもん【沙門】

しゃもん【沙門】

出家して修行に専念する人。求道者。さもん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沙門
しゃもん

出家者の総称。サンスクリット語のシュラマナramaaに相当する音訳語で、勤息(ごんそく)、浄志(じょうし)などと漢訳する。剃髪(ていはつ)して善に努め、悪をなさず、身心を制御して悟りを得るために努力する人をいう。彼らは古代インドにおいて、正統的伝統的な思想家であるバラモンに対して、古来の階級制度やベーダ聖典の権威を否認した革新的な思想家であり、民衆のことばである俗語を使って教説した。仏教の比丘(びく)たちも沙門の一部である。[辛嶋静志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沙門の言及

【僧】より

…なお尼は比丘尼の語尾だけをとった略称である。比丘とは乞食者(パーリ語のビックbhikkhu)の意味で,仏教の修行者が元来,出家・遊行を旨とし,托鉢(たくはつ)すなわち鉢を持って食を乞うて生活する沙門(しやもん)であったことに由来する。修行者はまた,教団内の役割に応じて,上座(大衆を統率する),維那(寺務をつかさどる),阿闍梨(あじやり)(大衆の教育に当たる),和尚(弟子を養育する)等とよばれ,あるいは法師(在家信者へ説法。…

※「沙門」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沙門の関連キーワード沙門桑門ラーマ五世ラーマ九世アーシュラマクラークプラークリット文学ラージャシェーカラ宇宙のランデヴー宇宙のランデヴー2

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沙門の関連情報