コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信貴山縁起絵巻 しぎさんえんぎえまき

5件 の用語解説(信貴山縁起絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信貴山縁起絵巻
しぎさんえんぎえまき

信貴山を再興した修行僧,命蓮 (みょうれん) にまつわる説話を絵巻としたもの。 12世紀後半の作。紙本着色,3巻。国宝。朝護孫子寺蔵。物語は 12世紀の『古本説話集』や 13世紀の『宇治拾遺物語』にも収められている説話。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぎさんえんぎ‐えまき〔‐ヱまき〕【信貴山縁起絵巻】

奈良県朝護孫子寺所蔵の3巻の絵巻。平安後期の作。信貴山毘沙門天をまつった僧命蓮(みょうれん)にまつわる説話を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

信貴山縁起絵巻【しぎさんえんぎえまき】

奈良県朝護孫子寺に伝わる平安末期の絵巻。3巻。作者は鳥羽僧正と伝えられるが明らかでない。醍醐天皇のころ大和の信貴山に住んだ僧命蓮(みょうれん)の法力譚(たん)や,姉との再会譚を描いたもので,上巻《飛倉(とびくら)の巻》,中巻《延喜加持(かじ)の巻》,下巻《尼公(あまぎみ)の巻》からなる。
→関連項目縁起物粉河寺縁起絵巻古本説話集

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

信貴山縁起絵巻

平安時代後期の絵巻。作者不詳。信貴山毘沙門天を祭り、中興の祖として知られる僧、命蓮の霊験を三巻の絵巻物として描いたもの。国宝。奈良、朝護孫子寺所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しぎさんえんぎえまき【信貴山縁起絵巻】

10世紀の初めころ,大和と河内の境をなす信貴山にこもって,毘沙門天をまつりその功徳によりさまざまな奇跡を行った修行僧命蓮(みようれん)を主人公とする三つの物語を3巻に描いた絵巻。平安時代末の12世紀後半に制作され,信貴山の朝護孫子寺に伝わる。第1巻は絵1段で詞書はない。命蓮の飛ばした不思議な鉄鉢が,あるとき山麓の長者の倉を持ち上げ信貴山上まで運んでしまうが,追いかけてきた長者の懇願を入れて命蓮がふたたび法力を使うと,倉の中の米俵が列をなして空を飛び,長者の邸に戻ったという話で,〈飛倉の巻〉あるいは〈山崎長者の巻〉と呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の信貴山縁起絵巻の言及

【信貴山】より

…《信貴山寺資財宝物帳》によれば,寛平年間(889‐898)命蓮(みようれん)という僧が毘沙門天を安置した小堂に若少のころより籠山したことがみえ,しだいに寺を整備・拡張していったことが知られる。《古本説話集》《宇治拾遺物語》には信濃国出身の命蓮が信貴山に籠山して飛鉢の法を修し,剣の護法を使わして時の帝の病気を治すなどの霊験譚をのせ,《信貴山縁起絵巻》(国宝)はこの説話を絵巻としたものである。《持呪仙人飛鉢儀軌》という経には,覆鉢形の山容をもつ山に籠山修行すると竜王を意のままに駆使し,鉢を自在に飛ばすことができると説いており,命蓮はこの法を修した天台の行者であり,信貴山は江戸時代に至るまで天台宗の寺院でもあった。…

【漫画】より

…作者は天台座主となった鳥羽僧正覚猷(かくゆう)と伝えられ,それがほんとうかどうか分からぬなりに,江戸時代に入って巻物4巻に仕立てられて,その影響は鳥羽絵という様式を生んだ。また《信貴山(しぎさん)縁起絵巻》には,修行僧の托鉢用の器の上に米倉が乗って飛ぶ場面があり,空飛ぶ米倉の目の位置から世間をながめて,米の出し惜しみをする長者や,驚き騒ぐ村人が描かれて,漫画映画のような力がある。《鳥獣戯画》と《信貴山縁起絵巻》には,現代のW.ディズニー以後の漫画映画(アニメーション映画)に共通するおもむきがある。…

※「信貴山縁起絵巻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信貴山縁起絵巻の関連キーワード仇をなす恐れをなす重きをなす河内木綿初頭刃区山をなす子中をなす信をなすメコロ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信貴山縁起絵巻の関連情報