コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和し ナゴシ

デジタル大辞泉の解説

なご・し【和し】

[形ク]
なごやかである。穏やかである。
「鶏の声など、さまざま―・うきこえたり」〈かげろふ・下〉
柔らかである。
「高麗(こま)の紙の膚こまかに―・うなつかしきが」〈梅枝

にこ・し【和し/柔し】

[形ク]やわらかい。荒々しくない。穏やかである。
「毛の―・き物、毛の荒き物」〈祝詞・広瀬大忌祭

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なごし【和し】

( 形ク )
なごやかである。おだやかである。 「にはとりの声などさまざま-・う聞こえたり/蜻蛉
やわらかである。柔軟である。 「高麗こまの紙の、はだこまかに-・うなつかしきが/源氏 梅枝

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

和しの関連キーワード安土桃山時代(年表)水火器物を一つにせずパッションフルーツサイレントカッターピョートル[3世]オキソニウムイオンシュレージエン戦争シャルル(6世)ビザンティン帝国明の時代(年表)マリア・テレジアエコツーリズム乳清カルシウムハイドロ硫気孔タイソン党の乱ホスロー1世飽和水蒸気圧ハドリアヌス防水モルタル和光同塵

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和しの関連情報