コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和歌山・大日山35号墳 わかやまだいにちやま35ごうふん/わかやまだいにちやまさんじゅうごごうふん

1件 の用語解説(和歌山・大日山35号墳の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

和歌山・大日山35号墳

1つの頭の前後に2人の顔を形どった6世紀(古墳時代後期)の珍しい埴輪(はにわ)が、2006年12月に明らかにされた和歌山市の岩橋(いわせ)千塚古墳群中の前方後円墳。埴輪は、高さ約19cmで両耳に垂らす美豆良(みずら)という髪形をしている。両面に葉の文様や矢印などが刻まれ、入れ墨の表現らしいという。両面の性格は異なり、厳しさと穏やかさが目、口で表現されている。同古墳からはこれまでに、翼を広げた鳥形の大型埴輪なども見つかっている。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone