コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入れ墨/文身/刺青 イレズミ

デジタル大辞泉の解説

いれ‐ずみ【入れ墨/文身/刺青】

皮膚に、針・骨片・小刀などで傷をつけ、墨汁などを入れて文字や絵画などを描くこと。また、そのもの。酸化鉄・朱(しゅ)などを入れて着色もする。江戸時代から遊び人などの間に多く行われた。彫り物。刺青(しせい)。
中国古代の五刑の一。顔または腕に墨汁を刺し入れて、前科のしるしとしたもの。日本でも江戸時代に刑罰として行われた。黥(げい)。
あとから筆を加えること。加筆。入れ筆。
「硯(すずり)引き寄せ、筆染めて、ここが眼と―の」〈浄・双生隅田川

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

入れ墨/文身/刺青の関連キーワード倶利迦羅紋紋・俱利迦羅紋紋倭国(わこく)の南国風記述和歌山・大日山35号墳ギミックアクセサリー肉ジバン・肉ジュバン綾羅木郷台地遺跡デジタルタトゥー彫り物師・彫物師ペーパータトゥーB型、C型肝炎彫り物・彫物アートメイク倶利迦羅紋紋斑く・文く金原ひとみ遠山金四郎阿曇浜子遠山景元久場ツル一心太助