和田常子(読み)わだ つねこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「和田常子」の解説

和田常子 わだ-つねこ

1917- 昭和-平成時代の栄養学者,料理研究家。
大正6年1月29日生まれ。国立栄養研究所の佐伯矩(さえき-ただす)に師事。活水女子専門学校(現活水女子短大)教授などをつとめる。昭和35年フランス政府のまねきでパリに留学,食生活と家政をまなんだ。長崎県出身。長崎女子専門学校卒。著作に「世界のじゃがいも料理」「フランス家政留学記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android