和知鷹二(読み)わち たかじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和知鷹二 わち-たかじ

1893-1978 大正-昭和時代前期の軍人。
明治26年2月1日生まれ。太原特務機関長,支那駐屯軍参謀,蘭工作機関長として中国などで特務工作にかかわった。昭和18年陸軍中将。19年南方軍総参謀副長。戦後,橘丸(たちばなまる)事件(病院船不法使用)で戦犯となり,重労働6年の判決をうけた。昭和53年10月30日死去。85歳。広島県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android