コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和邇部宅継 わにべの やかつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和邇部宅継 わにべの-やかつぐ

?-? 平安時代前期の官吏。
播磨(はりま)(兵庫県)の国博士で,飾磨(しかま)郡の人。天足彦国押人命(あめたらしひこくにおしひとのみこと)の子孫という。貞観(じょうがん)2年(860)諸国の釈奠式(せきてんしき)(孔子をまつる礼式)を唐(とう)(中国)の制度にならって制定するよう申請し,同年公布された。5年邇宗(にむね)氏となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android