コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国博士 くにのはかせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国博士
くにのはかせ

(1) 令制で設けられた国学教授。国ごとに1名任命され,学生の教授や課試,外国使臣の応接にあたった。任用当国住民を原則としたが,適当な人物がいないときは,隣国や中央から派遣された。任命されたものが,当国の住民の場合は徭役 (ようえき) が,隣国からの場合は課役のすべてが免除され,職田,事力 (じりき。大宰帥国守に賜わる舎人) ,公廨稲などが支給された。 (2) 大化改新の際の政治的顧問。僧 (みん) ,高向玄理らが任命され,改新政府で官職制度の整備にあたって中心的存在となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

国博士【くにはかせ】

大化(たいか)改新の際,僧(みん)と高向玄理(たかむくのくろまろ)が任命された役職。唐の諸制度を輸入し制度化するための政治顧問。臨時的な職であった。のち諸国の国学の教官を国博士と称し,国ごとに1名が任命され,国司の監督の下で国学生の教育・指導にあたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くにはかせ【国博士】

(1)大化改新の際に一時置かれた官職。645年(大化1)6月に成立した改新政府は新たに左右大臣・内臣とともに国博士を置き,僧旻(新漢人旻(いまきのあやひとみん))と高向玄理(たかむくのくろまろ)をこれに任じた。主として新制度・政策の立案・推進に当たる臨時的な職とみられ,《日本書紀》では大化5年(649)是月条の〈博士高向玄理と釈僧旻とに詔して,八省百官を置かしむ〉という記事を最後に,この官名は両人の肩書から消えている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くにはかせ【国博士】

〔「くにのはかせ」とも〕
大化の改新の際、僧旻みん・高向玄理たかむこのくろまろに与えられた政治顧問としての官名。
律令制下、諸国に一名ずつおかれた国学の教官。国内もしくは近国から選ぶのを原則としたが、中央から大学生などを派遣する場合が多かった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国博士
くにはかせ

(1)645年(大化1)の大化改新の際に設置された政府の政治顧問。入唐し、かの地で学んだ沙門旻(しゃもんみん)法師、高向史玄理(たかむこのふひとくろまろ)の両名が任じられた。
(2)令制(りょうせい)における国学の教官の名称。令制では、国ごとに国博士が1名置かれ、教授課試、外国使節の応接にあたることになっていた。原則として国内から任用され、国内に任に堪える人材がいない場合には傍国からの任用を許した。さらに703年(大宝3)には、傍国にもいない場合、中央から任命することになった。当国の国博士は徭役(ようえき)を、傍国のものは課役のすべてを免じられ、また職分田(しきぶんでん)6段と公廨稲(くがいとう)が支給された。[荒木敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国博士の言及

【新漢人旻】より

…百済系の学僧で大化改新期の国博士。608年(推古16)隋使裴世清の帰国のさい派遣された小野妹子に同行し,高向玄理(たかむくのくろまろ)・南淵請安(みなぶちのしようあん)らとともに渡隋。…

【国学】より

…国の等級に従い,学生は50・40・30・20名,医生は10・8・6・4名の定員がある。教官には国博士,国医師各1名のほかに国郡司で儒学の経書に精通している者がなる。試験は国司が行う。…

※「国博士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国博士の関連キーワード博士(令制の官職)官人(かんじん)大宰府学校院跡国学(学制)博士・墨譜和邇部宅継旻(日本)国の博士南淵請安小野妹子選叙令職員令一分召勝道外位

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android