コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咬筋 こうきんmasseter muscle

3件 の用語解説(咬筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咬筋
こうきん
masseter muscle

咀しゃく筋の一つで,頬骨弓から起って,下顎骨に付着している。下顎骨を上方に引上げて,上下の歯を咬み合せる働きを行わせる強力な筋肉である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうきん【咬筋】

咀嚼そしやく筋の一。頰骨と下顎骨に付着し、下顎を引き上げて歯を咬み合わせる働きをする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の咬筋の言及

【筋肉】より

…このほか眼瞼を開く上眼瞼挙筋も外眼筋に含まれる。眼筋
[咀嚼筋]
 咬筋,側頭筋,内側翼突筋,外側翼突筋の4筋があり,いずれも頭蓋の骨(側頭骨,蝶形骨など)から起始して,下顎骨に停止する。すべて三叉(さんさ)神経(詳しくはその第3枝である下顎神経)の支配を受ける。…

※「咬筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

咬筋の関連情報