コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品貸し料 しながしりょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

品貸し料

逆日歩ともいう。証券会社が仲介する株式の信用取引において発生するもので、信用取引においては、売り方、買い方は自ら所有する株、資金以上の取引を証券会社の仲介によって行なう。その場合、売り方は証券会社から一時的に株式を借りて自分のものではない株式を売却する。いわゆる「から売り」で、このような取引が増えると、証券会社が保有する株がなくなる場合がある。その場合、証券会社は生命保険会社などの金融機関から調達料を払って、株式を借りることになる。その際の調達料を「品貸し料」という。「品借り料」と意味は全く同じで、証券会社の立場に立てば「品借り料」、金融機関の立場に立てば「品貸し料」である。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しながしりょう【品貸し料】

有価証券を貸し出す場合の料金。信用取引などで株が不足した場合に発生する。 ⇔ 品借り料

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

品貸し料の関連キーワード有価証券貸し株

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android