唐崎常陸介(読み)からさき ひたちのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「唐崎常陸介」の解説

唐崎常陸介 からさき-ひたちのすけ

1737-1796 江戸時代中期の国学者,尊攘(そんじょう)運動家。
元文2年生まれ。家は代々安芸(あき)(広島県)礒宮八幡宮の祠官。谷川士清(ことすが)にまなぶ。宝暦事件に連座したが,のちゆるされる。高山彦九郎とまじわり,彦九郎が自害した3年後の寛政8年11月18日自刃(じじん)した。60歳。名は信徳,士愛(ことちか)。字(あざな)は百道,宝愛。号は赤斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「唐崎常陸介」の解説

唐崎常陸介 (からさきひたちのすけ)

生年月日:1737年5月19日
江戸時代中期の神官;国学者;勤皇志士
1796年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android