宝暦事件(読み)ホウレキジケン

デジタル大辞泉 「宝暦事件」の意味・読み・例文・類語

ほうれき‐じけん【宝暦事件】

宝暦8~9年(1758~1759)江戸幕府が、皇権回復を説く尊王論者の竹内式部らを処罰した事件

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「宝暦事件」の意味・読み・例文・類語

ほうれき‐じけん【宝暦事件】

  1. ( 「ほうりゃくじけん」とも ) 宝暦八年(一七五八)竹内式部桃園天皇の近習徳大寺公城らに神書儒書兵学を講じて大義名分論を唱え幕府を非難したため、前関白一条道香が京都所司代に告訴、翌年式部が重追放、徳大寺らも処分された事件。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「宝暦事件」の意味・わかりやすい解説

宝暦事件
ほうれきじけん

1758年(宝暦8)に京都で朝権回復を志す尊王論者の少壮公卿(くぎょう)らと竹内式部(たけのうちしきぶ)が処罰された事件。儒者、神道者の竹内式部は崎門(きもん)学派、垂加神道(すいかしんとう)に基づいて『日本書紀』『保建(ほうけん)大記』『靖献遺言(せいけんいげん)』などを家塾で講義した。そのなかで武家に政権を奪われた朝家の政権回復の心構えを説く一方、激しく将軍を誹謗(ひぼう)した。現状に不満をもつ門弟の徳大寺公城(きみき)、正親町三条公積(おおぎまちさんじょうきんつむ)、烏丸光胤(からすまるみつたね)、西洞院時名(にしのとういんときな)などの公卿は師の説に深く感銘した。彼らは君徳涵養(かんよう)のため若い桃園(ももぞの)天皇に式部の学説にのっとった『日本書紀』を進講した。しかし事が朝廷と幕府との関係悪化に発展するのを恐れた前関白一条道香(みちか)らは、天皇の嫡母青綺門院(せいきもんいん)を動かして、徳大寺らの官を停(と)め永蟄居(えいちっきょ)など処罰して天皇の周囲から排除した(宝暦8年7月)。一方、式部については、京都所司代松平輝高に連絡して幕府にゆだね、翌59年5月京都町奉行(ぶぎょう)は式部を重追放に処した。式部は京を追われ伊勢(いせ)国(三重県)宇治山田へ退去した。

[山田忠雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「宝暦事件」の意味・わかりやすい解説

宝暦事件 (ほうれきじけん)

〈ほうりゃくじけん〉とも読む。江戸中期に竹内式部らが処罰された事件。式部は京都に出て垂加神道と崎門派の儒学を学び,公卿に神書(《日本書紀》),儒書を講じていたが,彼らは式部の学を奉じ,中には軍学を学ぶ者があるといわれた。関白一条道香はこれを憂えていたが,公卿たちは桃園天皇に《大学章句》《孟子集註》を用いて崎門流の講釈をし,また垂加風に神書を進講した。道香の要求で次の関白近衛内前は《日本書紀》の進講停止を命じ,さらに式部から学ぶことも禁止しようとした。徳大寺公城,正親町三条公積を中心とする公卿は天皇をたのみとして聞き入れず,そこで関白は彼らの官職を解き,永蟄居(えいちつきよ)を命じて抑圧した。ついでこれら公卿の動きの元である式部を退去させるよう所司代に告訴した。所司代でははじめは取り合わなかったものの,ついに1758年(宝暦8)式部を重追放に処した。これが宝暦事件で,真相は不明だが,公卿間の対立が原因と想像される。幕府による尊王思想の弾圧とは思われない。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

百科事典マイペディア 「宝暦事件」の意味・わかりやすい解説

宝暦事件【ほうれきじけん】

1758年(宝暦8年)竹内式部が幕府に処罰された事件。尊王論者竹内(たけのうち)式部の大義名分論の講義を受けた徳大寺公城ら公卿十数人は,侍講を説いて式部の説を桃園天皇に進講させた。関白一条道香の京都所司代への告訴で幕府は公卿を罷官・謹慎に,式部を京都から追放した。
→関連項目山県大弐

宝暦事件【ほうりゃくじけん】

宝暦(ほうれき)事件

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「宝暦事件」の意味・わかりやすい解説

宝暦事件
ほうれきじけん

江戸時代後期,朝廷の尊王論者が幕府に処罰された事件。竹内 (たけのうち) 式部は,桃園天皇の近習 (きんじゅ) 徳大寺公城,久我 (こが) 敏通,正親町 (おおぎまち) 三条公積,烏丸光胤,坊城俊逸らに神書,儒書を講じた。幕府専制に対し強い不満をもっていたこれら少壮公卿は,桃園天皇へも式部に進講させ,そのうえ坊城や徳大寺らはみずからも神学を講じた。これに対し朝幕関係の安定をはかる関白一条道香は深く事態を憂い,公卿の武術稽古禁止を理由に式部を京都所司代に告訴。宝暦8 (1758) 年徳大寺は近習職を免じられて所司代に訴えられ,他の公卿8名は罷官,永蟄居 (えいちっきょ) ,式部は翌年重追放に処せられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「宝暦事件」の解説

宝暦事件
ほうりゃくじけん

江戸中期に尊王家竹内式部(たけのうちしきぶ)らが処分された事件。1756年(宝暦6)京中洛外で,神道や崎門(きもん)学派の儒学を学んだ式部が公家衆に軍学武術を指南しているとの風聞がたち,同年12月京都町奉行の取調べをうけたが,このときは大きな問題にならなかった。しかし式部の学に傾倒した桃園天皇の近習衆が,天皇に垂加流による「日本書紀」神代巻の講釈を進講したため,危惧した関白ら摂家衆と近習衆との対立をうみ,ついに58年摂家衆が天皇を説得して徳大寺公城(きんなり)ら,式部門人の公家衆を大量処分するとともに,式部を京都所司代に告発した。これにより式部は,59年5月重追放の処分をうけた。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「宝暦事件」の解説

宝暦事件
ほうれきじけん

江戸中期,尊王論者竹内式部が処罰された事件
山崎闇斎の学説を奉じる竹内式部が,京都で公家に大義名分を説いたので,幕府は1758(宝暦8)年式部を捕らえて追放した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の宝暦事件の言及

【桃園天皇】より

…好学の聞えが高く,漢学の造詣も後光明天皇以来と,侍読の臣が感嘆したという。在位の間に起きた宝暦事件は王政復古運動の暁鐘といわれるが,一面天皇の旺盛な向学心をうかがわせるものであった。この事件は57年(宝暦7)垂加流の神道家竹内式部に師事した徳大寺公城らの少壮公家がその神道説を天皇に進講したのが発端である。…

※「宝暦事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android