コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐音統籤 とうおんとうせんTang-yin tong-qian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐音統籤
とうおんとうせん
Tang-yin tong-qian

中国の唐詩集。明の胡震亨の編。 1033巻。成立年未詳。甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の 10籤から成り,初めの9籤 1000巻に唐代につくられた詩形式の作品を広く収め,各作家ごとに小伝,詩集の伝本を記してあり,最後の癸籤 33巻に詩話,詩評類を収録する。精密に整理されており,清朝に入って『全唐詩』が編纂された際に重要な底本となった。個人で編纂したあまりにも膨大な書なので,甲から戊までと最後の癸籤しか刊行されておらず,そのうち癸籤が研究資料的な見地から単行本として一般に流布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

唐音統籤の関連キーワードアンセルムス程頤陽子崩壊刑部武並済慶長谷部永盛藤原敦家藤原惟憲永観林豪

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android