コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詩話 しわShi-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

詩話
しわ
Shi-hua

中国,古典詩の評論書をいう。広義には梁の鍾こうの『詩品』,唐の司空図の『二十四詩品』なども含めるが,通常は北宋の欧陽修が詩の評論の随筆を『詩話』と題して以降,その名称のもとに続出した同様の形式の書をさす。いずれも詩に関する批評,解説,考証などを断片的に綴ったもので,系統的な理論を構築するのではなく,「座談の題材を提供する」という欧陽修の立場を受継いでいる。清に入って何文煥の『歴代詩話』,丁福保の『続歴代詩話』などの叢書が出され,欧陽修の『六一詩話 (りくいつしわ) 』,明の厳羽の『滄浪詩話』など代表的作品はほぼ集められている。なおこの形式は日本でも盛んに行われ,おもな作品を収めたものに池田蘆州の『日本詩話叢書』 (1920~22) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐わ【詩話】

詩・詩人についての話や評論。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しわ【詩話 shī huà】

中国において,正面切った詩論ないし詩学の書ではなく,エッセー風の評論の書を言う。詩の語法修辞押韻,作品の成立や作者の伝記の考証,作品にかかわる逸話,全編あるいは一語一句の批評などを,概論的な体系を持たせずに書きつらねたものである。詩を話題とすることは,すでに先秦時代,孔子による《詩経》の論評にさかのぼる。またはるかに理論的に深められた六朝時代の劉勰(りゆうきよう)の《文心雕竜(ちようりよう)》,鍾嶸(しようこう)の《詩品》などがあるが,とくに詩話と呼ばれる書の開祖は,11世紀北宋の代表的文学者欧陽修の著《六一居士詩話》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しわ【詩話】

詩や詩人についての話や評論。
詩歌に関する理論・批評の一形式。逸事・逸話・詩論などを記す。中国、宋代から明・清にかけて流行。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

詩話
しわ

中国において詩に関する随筆的書物の総称。宋(そう)の欧陽修(おうようしゅう)の『六一(りくいつ)詩話』に始まり、以後続々と何々詩話と著者の号を冠したものが現れた。その内容は、詩派の源流を論じ、詩句に寸評を加え、詩の作法を説き、詩人の言行を記録するなど雑多なものがほとんどであるが、なかには宋の厳羽(げんう)の『滄浪(そうろう)詩話』や清(しん)の趙翼(ちょうよく)の『甌北(おうほく)詩話』のように体系だった記述をなしているものもある。ほかに格調派の明(みん)の謝榛(しゃしん)の『四暝(しめい)詩話』、神韻説の清の王士禎(おうしてい)の『帯経堂(たいけいどう)詩話』、性霊(せいれい)説の清の袁枚(えんばい)の『随園詩話』などが有名。詩話のほとんどは『歴代詩話』『歴代詩話続編』『清詩話』に収められており、それぞれの時代の詩意識をうかがうための好資料を提供している。[横山伊勢雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

詩話の関連キーワード詩に別才あり岡田 刀水士詩に別才有り円珠庵雑記福士幸次郎広瀬淡窓津阪東陽西島蘭渓友野霞舟岡部菊涯芥川丹丘兼康百済野田中洲篠本越南錦米次郎石原東隄詩人玉屑菊池五山加藤善庵一知半解

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android