旭化成(読み)あさひかせい(英語表記)Asahi Kasei Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

旭化成
あさひかせい
Asahi Kasei Corporation

繊維,石油化学製品,電子部品・材料,医薬・医療,住宅・建材などの事業会社を傘下に収める持株会社。1931年延岡アンモニア絹絲として旭絹織(1922創業)から独立,1933年旭絹織,日本ベンベルグ絹絲を合併して旭ベンベルグ絹絲と改称。1943年日本窒素火薬を合併して日窒化学工業と改称。1946年旭化成工業に改称。1951年新日本化学工業設立,1952年旭ダウ設立などにより総合石油化学工業に発展。1972年岡山県倉敷市水島地区でエチレン 30万t規模のナフサ分解工場の運転を開始。また 1972年に本格販売を開始した「ヘーベルハウス」に代表される住宅部門においても業界大手に成長。医薬・電子材料・新素材などの技術開発も展開し,多角化を進めた。2001年現社名に改称。2003年持株会社に移行,会社分割により旭化成せんい,旭化成ケミカルズなどの分社を設立し,事業を承継した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

旭化成

1931年設立の総合化学大手。2015年3月期の売上高は1兆9864億円。グループの従業員数は約3万人。「ヘーベルハウス」を展開する住宅・建材は売り上げの3割を占める主力事業で、「サランラップ」などの製品でも知られる。 旭化成建材は旭化成の100%子会社で、建材の製造販売や建築土木工事の設計監理、請負などを手がける。76年設立で、従業員数は約850人。

(2015-10-21 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

旭化成

正式社名「旭化成株式会社」。英文社名「ASAHI KASEI CORPORATION」。化学工業。大正11年(1922)前身の「旭絹織株式会社」設立。昭和6年(1931)「延岡アンモニア絹絲株式会社」設立。「旭ベンベルグ絹絲株式会社」「旭化成工業株式会社」を経て平成13年(2001)現在の社名に変更。同15年(2003)分社・持株会社化。東京本社は東京都千代田区神田神保町。大阪本社は大阪市北区中之島。旧日本窒素系。住宅・化学品・繊維・医療・建材などの事業会社を傘下に置く。東京証券取引所第1部上場。証券コード3407。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

旭化成の関連情報