コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全唐詩 ぜんとうしQuan-tang-shi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全唐詩
ぜんとうし
Quan-tang-shi

中国,唐代の詩の総集。 900巻,目録 12巻。清の康煕帝勅命による彭定求ら 10人の編。康煕 45 (1706) 年成立。宮中に蔵する明の胡震享編の『唐音統籤』,清の季振宜編の『全唐詩』 (1673成立) をもとに,碑刻,雑書のたぐいまで探求して編纂したもの。唐代につくられた詩形式の作品をすべて集めることを目的とし,作者は皇帝,后妃から無名氏,鬼神まで,2200人余に及び,楽府,詞,聯句から,断片的な句にいたる約5万首の作品を収める。作者の配列はほぼ時代順とし,簡単な伝記を付す。唐詩研究の最も基本的な書であるが,編纂期間が2年足らずだったため,やや疎漏な点があり,現在では,日本の市河寛斎編の『全唐詩逸』とあわせて刊行されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんとうし〔ゼンタウシ〕【全唐詩】

中国、清代に編集された唐詩全集。900巻。1705年、康熙帝の命によって彭定求(ほうていきゅう)らが着手。翌年、完成。作者2200人あまりの詩、約4万8900首を収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんとうし【全唐詩 Quán táng shī】

中国,清の康熙45年(1706),勅命で編された唐および五代の詩の全集。全書900巻,2200余人の作4万8900余首を収録する。収集の豊富さは前例を見ない。先行する本格的な唐詩の二つの全集,明の胡震亨(こしんこう)の《唐音統籤》と清初の季振宜の《唐詩》を底本とし,宮廷所蔵の唐人の諸詩集によって校訂を加える。《唐詩》の体例にならって初唐盛唐中唐晩唐の時期区分はしない。皇帝と皇族,五代の諸国主ならびに后妃を最初の9巻に,続いて〈楽府(がふ)〉20巻を載せる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんとうし【全唐詩】

中国、清の彭定求ほうていきゆうらが康熙こうき帝の勅命で編集した唐代詩集。九〇〇巻。1706年成立。唐代に作られた詩形式の作品をほぼ網羅する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全唐詩
ぜんとうし

中国、清(しん)代に編集された唐詩の全集。900巻。2873人の作者の作品4万9403首と1055の詩句を収録(この数字は平岡武夫・市原亨吉著『唐代の詩人』1960による)。1705年(康煕44)3月、康煕(こうき)帝の命を受けた彭定求(ほうていきゅう)ら10人が編集と校訂に着手、06年10月に完成、07年4月に揚州(ようしゅう)詩局から刊行された。詩局本とよばれ、清朝善本の一つとされる。編集作業は、明(みん)の胡震亨(こしんこう)『唐音統籤(とういんとうせん)』と清初の季振宜(きしんぎ)『全唐詩』を底本として進められ、個人の別集など読本を参照して、作品収録(唐五代詞を含む)、校訂および補正がなされ、部分的に小注や作者ごとの小伝が付された。短期間の作業としては、よくできた本であり、詩の黄金期である唐詩の全貌(ぜんぼう)をうかがわせるものとして、その価値は甚だ高い。しかし現在では研究が進展し、多くの欠点、たとえば未収や誤収、作者・作品の重出、小伝の誤謬(ごびゅう)などが指摘されるようになった。よりよい全唐詩の再編が待たれる。1960年に刊行された北京(ペキン)中華書局の排印本が、巻末に作者索引を付載して便利である。なお中華書局から、『全唐詩』を補うものとして、『全唐詩外編』(1982)が刊行された。[伊藤正文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全唐詩の言及

【唐詩】より

…ただし次の五代(907‐959)の作品をも含めることがある。清の初め(1707)に刊行された《全唐詩》900巻は唐詩の全集で,作者の総数は2873人,作品4万9403首を収める(平岡武夫の調査による)が,その中には五代まで生存していた詩人を含むのである。唐詩の文学史上の意義を論ずるとき,まず注目されるのは,中国古典詩の諸形式がこの時代に完成したことである。…

※「全唐詩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全唐詩の関連キーワード知不足斎叢書津阪拙脩段成式王梵志全唐文王之渙崔顥

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android