コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐飛廉 トウヒレン

2件 の用語解説(唐飛廉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ひれん〔タウ‐〕【唐飛廉】

キク科の多年草。日当たりのよい山地の草原に生え、高さ0.3~1メートルアザミに似るが、とげは鋭くない。葉は広卵形で、羽状に裂けている。秋、暗紫色の頭状花が咲く

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうひれん【唐飛廉】

キク科の多年草。山地に生える。茎は高さ約50センチメートルで、広卵形の葉を互生する。夏から秋にかけ、枝頂に筒状の紫色の頭花をつける。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone