唯是震一(読み)ゆいぜ しんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

唯是震一 ゆいぜ-しんいち

1923-2015 昭和後期-平成時代の箏曲(そうきょく)家,作曲家。
大正12年10月30日生まれ。生田流箏曲正派邦楽会2代家元・中島靖子の夫。宮城道雄に師事。昭和27年東京新聞邦楽コンクール作曲部門第1位・文部大臣賞。東京芸大卒業後コロンビア大に留学し,ヘンリー-カウエルに作曲をまなぶ。作曲に「合奏組曲 石狩川」「神仙調舞曲」など。正派邦楽会理事。現代邦楽作曲家連盟会長。平成19年国内外の箏曲演奏などにたいし芸術院賞。平成27年1月5日死去。91歳。北海道出身。作品集に「唯是震一の音楽」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android