石狩川(読み)いしかりがわ

  • いしかりがわ ‥がは
  • いしかりがわ〔がは〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道の中央部を貫流し,日本海へ注ぐ川。全長 268km。アイヌ語のイシカリベツ (非常に屈曲する川の意) で示されるように蛇行の激しい川で,かつては全長 365km,日本第2の長流であったが,近年蛇行流を改修して短縮された。水石狩岳で,層雲峡峡谷を経て上川盆地に入り,旭川市で忠別川と美瑛川などの支流を合せる。西流して神居古潭の横谷を通って空知低地帯へ出て,北方からの雨竜川を合せ,南流して滝川市で空知川を,江別市で夕張川,札幌市北方で豊平川を合せ,北西流して石狩湾に注ぐ。融雪期にはしばしば氾濫,洪水を繰返し,最大幅 16kmの蛇行帯をつくっている。蛇行帯には古い流路に多数の三日月湖や湿地を形成。石狩平野の交通,農業の大動脈として開拓当初から水運に利用されたが,鉄道敷設後は価値が減少した。 1910年代から約半世紀にわたる河川改修工事と両岸の土地改良事業の実施により,石狩川流域には水田地域が造成され,北海道第1の米作地帯となった。本支流四十余の水力発電所は経済の基幹であり,その豊富な河水は,農業用水,工業用水,上水道用水として使用される。河口のサケ漁は,乱獲や,農薬,都市下水などの流入のため現在は不振。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

北海道中央部の石狩岳北西斜面に発し,上川盆地石狩平野を流れて石狩湾に注ぐ北海道第1の川。長さ268km,流域面積1万4330km2。江戸時代,〈イシカリ川〉の水源調査などが行われ,幕末に石狩〜札幌間の舟運が行われていた。蛇行(だこう)が著しく,下流平野部には河道変遷で生じた三日月湖が多い。水系に石狩,雨竜などダムが多く,電源開発が活発。中流に神居古潭(かむいこたん)がある。かつて盛んであったサケ漁は河水汚染などで衰微した。
→関連項目愛別[町]浦臼[町]雨竜[町]上川盆地層雲峡宮島沼妹背牛[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

北海道西部,日本海斜面を流れる川。全流域面積1万4330km2は北海道の面積の約2割を占め,日本の河川では利根川に次ぎ,幹川流路延長268kmは信濃川,利根川に次ぐ。北海道中央部の石狩岳に発し,石狩山地北西斜面の小河川を合わせたのち,大雪山北麓に層雲峡渓谷を刻み,上川盆地に至って忠別川などを合わせ,盆地の西側山地を先行谷によって越え,ここに神居古潭(かむいこたん)の峡谷をつくっている。石狩平野に出て雨竜川を合わせ,南流して最大の支流空知川を合わせ,江別付近で夕張川,江別川を合わせ,進路を北西に転じて豊平川を合わせ,石狩町で石狩湾に注ぐ。
本庄陸男(むつお)の長編小説。1939年(昭和14)刊。北海道石狩当別の開拓地に生まれた本庄が,“父祖の思い”をこめて描いた開拓歴史小説。戊辰戦争で逆賊の汚名を冠せられ,1万5000石から65石に大削封された伊達藩岩出山支藩の主従は再生を期して北海道に渡る。開拓使を牛耳る薩摩藩は不俱戴天の怨敵だが,開拓主事の元家老を中心に,逆巻く怒りをこらえて難関をしのぐありようが感動を呼ぶ。廃藩置県,移募民扶助令など,抗しがたい時流にのみこまれ,犠牲者,離脱者に耐え忍びつつ新たな定着を意志するありようは,転向文学激流さなかで初一念を貫こうとした作者の主体的モティーフを重層させた北海道版《夜明け前》である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

北海道第一の長流。石狩岳に源を発し、上川盆地・石狩平野を経て石狩湾に注ぐ。長さ268キロメートル。著しく蛇行し、下流域には三日月湖が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域遺産の解説

(北海道樺戸郡浦臼町)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。
(北海道 流域市町村)
北海道遺産」指定の地域遺産。
道内1位の延長268kmあり、大雪山から日本海に注ぐ。水害と闘いながらも、石狩川の水運は北海道開発に大きな役割を果たした

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

北海道中央部の石狩岳に源を発し、上川盆地、空知(そらち)平野、石狩平野を流れて石狩湾に注ぐ北海道第一の川。上流に層雲峡、神居古潭(かむいこたん)の峡谷があり、中・下流では雨龍川、空知川、千歳川などを合わせる。典型的な自由蛇行を示し、三日月湖が多い。長さ二六八キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の石狩川の言及

【河川総合開発】より

…洪水を制御する治水と,河川水を有効に利用する利水とを総合的に考えて,その流域の人々の生活の向上と産業の振興のために河川の開発を行うこと。治水と利水の技術手段をそれぞれ別々に施すと,互いに障害を起こすことになりがちである。例えば,川を有効に利用するために,取水ぜきや発電ダムを築くと,水の流れにとってはじゃまになり治水上支障をきたすなど,その代表的な例である。ダム技術が進歩し大ダムができるようになるにつれ,治水ダムと利水ダムへの要求が相反するため,河川総合開発の重要性が認識されるようになった。…

※「石狩川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石狩川の関連情報