コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唯識論 ユイシキロン

デジタル大辞泉の解説

ゆいしきろん【唯識論】

世親著「唯識二十論」の略。1巻。菩提(ぼだい)流支訳・真諦(しんだい)訳・玄奘訳の三つがある。現実存在を構成する諸法は実在するのではなく、識によって顕現したものにほかならないとして、唯識を説く。「成唯識論」の典拠となった。
成唯識論(じょうゆいしきろん)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆいしきろん【唯識論】

「成唯識論じようゆいしきろん」の略。
「唯識二十論」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

唯識論の関連キーワードプサン(Louis de La Vallée Poussin)ルイ・ドゥ・ラ・バレ プサン基(中国、唐の僧)大乗法苑義林章明石 恵達和田 徹三加藤 精神密教美術プッサン解深密経阿頼耶識佐伯定胤明石恵達唯識述記摂論宗法相宗春日版唯識会熊十力唯・遺

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android