コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉頭化 こうとうかglottalization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喉頭化
こうとうか
glottalization

(1) 子音調音において,その第2調音として喉頭が緊張する,ないしは声門が閉鎖すること。フランス語のp,t,kや奄美方言の[k'umma] (砂糖車) ,[m'a:ɡa] (孫) などの[k'],[m']など。 (2) 呼気によらず,子音の持続中に閉鎖した声門が持上がって気流の起し手となり,コルクの栓を抜くときのような特有の音色を伴うこと。この音は喉頭化音のほかに「放出音」 ejectiveとも呼ばれる。グルジア語,アムハラ語,ハウサ語などにある。これも[p'],[ts'],[s']のように,右肩に[']をつけて表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

喉頭化の関連キーワードハングル有気音清音濃音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android