喜の字屋(読み)キノジヤ

大辞林 第三版の解説

きのじや【喜の字屋】

吉原の遊郭内で、「台の物」と呼ばれる料理の仕出し屋の通称。享保(1716~1736)年中、喜右衛門という者が評判をとったことに由来するという。 「 -の名も高く/洒落本・遊子方言」
歌舞伎俳優守田(森田)勘弥の屋号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android