喜多郎(読み)きたろう

  • 喜多郎 (きたろう)
  • 喜多郎 きたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1953- 昭和後期-平成時代のミュージシャン。
昭和28年2月4日生まれ。豊橋商を卒業してロックグループを結成。解散後東南アジアを放浪。昭和54年「天界」でレコードデビュー。55年NHKテレビ「シルクロード」のテーマ曲がヒットCDに「古事記」「エンシェント」など。アジア民族音楽とシンセサイザー融合で世界的に知られる。愛知県出身。本名は高橋正則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1953年2月4日
昭和時代;平成時代のシンセサイザー奏者;作曲家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜多郎の関連情報