コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多郎 きたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多郎 きたろう

1953- 昭和後期-平成時代のミュージシャン。
昭和28年2月4日生まれ。豊橋商を卒業してロックグループを結成。解散後東南アジアを放浪。昭和54年「天界」でレコードデビュー。55年NHKテレビ「シルクロード」のテーマ曲がヒット。CDに「古事記」「エンシェント」など。アジア民族音楽とシンセサイザーの融合で世界的に知られる。愛知県出身。本名は高橋正則。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

喜多郎 (きたろう)

生年月日:1953年2月4日
昭和時代;平成時代のシンセサイザー奏者;作曲家

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

喜多郎の関連キーワードスタニスラフスキー・ネミロビッチ=ダンチェンコ劇場バレエ団深見 重助(13代目)ミュージシャン宮下 富美夫生年月日山本未來深見重助電子音楽

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜多郎の関連情報