コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜屋武岬 きゃんみさき

3件 の用語解説(喜屋武岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜屋武岬
きゃんみさき

沖縄県沖縄島南西端の糸満市喜屋武に属する岬。喜屋武崎とも呼ぶ。第2次世界大戦の最後の戦場となった地域。近くに国指定史跡具志川城跡がある。沖縄戦跡国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゃん‐みさき【喜屋武岬】

沖縄県、沖縄本島南端に位置する岬。糸満市に属する。約50メートルの断崖で、近くに国指定史跡の具志川城(ぐしかわぐすく)跡がある。付近一帯は沖縄戦跡国定公園に含まれる。喜屋武崎。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕喜屋武岬(きやんみさき)


沖縄島南西端、糸満(いとまん)市にある岬。一帯は石灰岩台地で海食崖(かいしょくがい)が発達。岬の東約1kmに喜屋武埼(さき)灯台がある。7km東の摩文仁ノ(まぶにの)丘にかけて、第二次大戦末期の沖縄戦終息の地で、沖縄戦跡国定公園の中心をなす。灯台近くに平和之塔が立つ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜屋武岬の関連キーワード糸満市糸満いとまんイトマンライト糸満[市]沖縄県糸満市糸洲沖縄県糸満市糸満沖縄県糸満市沖縄県糸満市米須沖縄県糸満市福地

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喜屋武岬の関連情報