営為(読み)えいい

精選版 日本国語大辞典「営為」の解説

えい‐い ‥ヰ【営為】

〘名〙
① 人が意識的におこなうこと。いとなみ。
※城外(1936)〈小田嶽夫〉「新しい政治イデオロギーに沿って営する一派の作家」
② 精神などが機能すること。
※哲学階梯(1887)〈今井恒郎訳〉一「心霊は唯単独なる物体及び其観念によりて営為せずして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android