コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆きの人 なげきのひとDer Schmerzensmann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘆きの人
なげきのひと
Der Schmerzensmann

キリスト教美術の主題。単独像として表現された受難キリストで,イマゴ・ピエタティス (受難のキリスト像) の一つ (→嘆きの聖母 ) 。しばしばいばらの冠と外套または腰布を着け傷を負った立像として表現される。ときに聖母,使徒ヨハネ,天使らがかたわらからこれを支え,石棺の中からなかば立上がった姿で表わされることもある。ビザンチンではすでに 12世紀にその例が認められるが,14世紀以降,特にドイツにおいて多く制作された。 15世紀以降には坐像で聖痕のないものもある。釘,縄のむち,そのほかの受難具を伴うことが多い。作例は M.グリューネワルトのイーゼンハイムの祭壇画など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

嘆きの人の関連キーワードキリスト教美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android