コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆きの聖母(読み)なげきのせいぼ(英語表記)Mater dolorosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘆きの聖母
なげきのせいぼ
Mater dolorosa

キリスト教美術の主題。イエス・キリストの受難を嘆く聖母の表現 (→嘆きの人 ) 。苦痛,悲哀の表情を示している聖母を総称的にこう呼ぶが,特にイエスの受難の史伝的図像から独立した祈念像 (イマゴ・ピエタティス) をさす。その形式は次の3つに大別される。 (1) 聖母がただ1人で表現されるもの。「マリアの七つの悲しみ」を象徴する7本の短剣が胸を貫いている場合が多い。 (2) 十字架を中心として右側に聖母が立ち,左側に聖ヨハネが立つもの。この場合マリアのマントは紫色で,特にスタバート・マーテルと呼ばれる。 (3) 聖母マリアが腕の中,または膝の上,または足もとにイエスの死体を横たえて見守るもの。特に,いわゆる「悲しみの人」としてのイエスと組合わされる場合がこれに該当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android