コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘆きの聖母 なげきのせいぼMater dolorosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘆きの聖母
なげきのせいぼ
Mater dolorosa

キリスト教美術の主題。イエス・キリストの受難を嘆く聖母の表現 (→嘆きの人 ) 。苦痛,悲哀の表情を示している聖母を総称的にこう呼ぶが,特にイエスの受難の史伝的図像から独立した祈念像 (イマゴ・ピエタティス) をさす。その形式は次の3つに大別される。 (1) 聖母がただ1人で表現されるもの。「マリアの七つの悲しみ」を象徴する7本の短剣が胸を貫いている場合が多い。 (2) 十字架を中心として右側に聖母が立ち,左側に聖ヨハネが立つもの。この場合マリアのマントは紫色で,特にスタバート・マーテルと呼ばれる。 (3) 聖母マリアが腕の中,または膝の上,または足もとにイエスの死体を横たえて見守るもの。特に,いわゆる「悲しみの人」としてのイエスと組合わされる場合がこれに該当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

嘆きの聖母の関連キーワードビアナドカステロ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android