コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉納次郎作 かのう じろさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嘉納次郎作 かのう-じろさく

1813-1885 幕末の廻船業者。
文化10年10月24日生まれ。勝海舟のもとで和田崎,神戸,西宮の砲台をつくる。慶応3年幕府所有の汽船奇捷(きしょう)丸,太平丸などにより,江戸-大坂-神戸間にわが国最初の洋式船舶による定期航路をひらいた。明治18年9月15日死去。73歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は希芝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

嘉納次郎作の関連キーワードペグマタイトコロレンコチャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)アドネドンケル=クルティウスフォーチュンドゥーフ鉄十字章サウジー式亭三馬

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android