四十八鷹(読み)シジュウハッタカ

デジタル大辞泉の解説

しじゅうはっ‐たか〔シジフハツ‐〕【四十八×鷹】

《タカの種類が48あるといわれたところから》あらゆる種類のタカ。
それぞれの役の者がすっかりそろっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじゅうはったか【四十八鷹】

〔鷹の種類が48種あるといわれることから〕 あらゆる種類の鷹。
それぞれの役の者が打ち揃っていること。 「主従で-名を残し/柳多留 50

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しじゅうはっ‐たか シジフ‥【四十八鷹】

〘名〙
① (には四八の種類があるといわれるところから) あらゆる種類の鷹。
※談義本・田舎荘子(1727)上「鷹、(みみづく)に謂て云〈略〉なまじゐに汝も、四十八鷹(タカ)の内なれば」
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)五幕「鳶は四十八鷹(タカ)の内にて、物をさらふ曲者」
② それぞれの役の者、または名ある者がすっかりそろっていること。
※俚言集覧(1797頃)「四十八鷹 諸役人揃ひたるを四十八鷹そろひてなど云」
※雑俳・柳多留‐五〇(1811)「主従で四十八鷹名を残し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android