四十八鷹(読み)しじゅうはったか

精選版 日本国語大辞典の解説

しじゅうはっ‐たか シジフ‥【四十八鷹】

〘名〙
① (鷹には四八の種類があるといわれるところから) あらゆる種類の鷹。
※談義本・田舎荘子(1727)上「鷹、(みみづく)に謂て云〈略〉なまじゐに汝も、四十八鷹(タカ)の内なれば」
※歌舞伎・善悪両面児手柏(妲妃のお百)(1867)五幕「鳶は四十八鷹(タカ)の内にて、物をさらふ曲者」
② それぞれの役の者、または名ある者がすっかりそろっていること。
※俚言集覧(1797頃)「四十八鷹 諸役人揃ひたるを四十八鷹そろひてなど云」
※雑俳・柳多留‐五〇(1811)「主従で四十八鷹名を残し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

四十八鷹
(通称)
しじゅうはちたか

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
けいせい四十八鷹
初演
宝永7.1(京・万太夫座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しじゅうはっ‐たか〔シジフハツ‐〕【四十八×鷹】

《タカの種類が48あるといわれたところから》あらゆる種類のタカ。
それぞれがすっかりそろっていること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android